あしQ式健康法

足と脳は使わないと老化が早い!

「足から」健康になるには!


「足」と「脳」をサビつかせてはいけません。

まず、足ですが、サビつかせないためには
歩くことが1番!

脳の場合は、感動すること!と手を使うこと。

blogでも 「足と健康」を追求しています。



足裏健康板「ふみふみ君」

踏むだけの健康法です。踏む行動は「歩く」ことに

とても近い運動です。


「足」は第二の心臓

  「手」は第二の脳

と、東洋医学では言われています。

これには、色々な説があるのですが、

足の休憩室では、

こんなふうに解釈しています。

「足」が心臓と呼ばれる訳は

1つは

   足裏に心臓にとても反応する心臓の反射区という
   部位があります。そこを刺激することで、直接心臓
   ではなく、心筋(心臓を包んでいる筋肉)をもみ
   ほぐすことが出来ます。間接的に心臓の負担を軽減
   させることができます。

2つ目は

   足は歩くこと、歩いてつま先で足を蹴り上げる、この
   動作によって、心臓から一番遠い足先の血流を心臓へ
   送りやすい状態を作ります。
   歩いていると、体はとても温まってくるのも全身の
   血流が良くなっている証拠です。

   心臓の血液を送り出すポンプに似た働きを、足先~ 
   ふくらはぎが歩くことで同様に行っているので、第二   の心臓ような働きをする。ということから言われてい
   ます。

   つまり、歩くことはそれだけで絶大な健康増進効果
   があります。

   ちょっと体重が増えた時も、気分を変えたい時も、
   お気入りの場所まで、ゆっくり歩いてみませんか?

   意外にスッキリ爽やかになりますよ。

   足は歩くことで、さまざまな身体の機能を向上させて
   くれます。

   時間を作って、すこし歩いてみませんか?


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

はんどめいど日記

あしQショップに
お立ち寄りいただき
ありがとうございます。

はんどめいどの良さを
生かした健康グッズを
お届けします!






店長日記はこちら >>

ページトップへ